【森の妖精シマエナガ】見ると誰もが癒される北海道のKAWAii小鳥

2014.06.16(Mon)

「北海道 かわいい 動物」で検索すると必ずでてくるのがシマエナガという小鳥。
絵にかいたような愛くるしい表情をみせる鳥に、北海道民だけでなく全国の鳥好きのハートを鷲掴みにしています♥
 
今回はそんな北海道のKAWAii鳥、シマエナガについてご紹介します!
 

体長約14センチのうち尻尾が7~8センチと長く、長い柄(え)のようだという事でエナガ。全国にエナガ類の鳥が生息していますが、頭が白いシマエナガは北海道が主な生息地だそうです(*’▽’)
 

 
米国ニュース放送局CNNの「一番かわいいと思う動物アンケート」でも一押しされていたシマエナガ!
頭部全体が白くて丸く、まるで雪だるまのよう・・。”森の妖精” や ”雪の妖精” などと呼ばれ、大人気の小鳥です★
 

 
平地や山地の林、木の多い公園や街路樹の上などでも見ることができるそうなので、森の妖精に会いに出かけてみてはいかがでしょうか?
 

シマエナガを見られる場所

バードウォッチングをするには北海道は鳥の宝庫と言われるほどどこでも見られるそうですが、シマエナガがよく観察されているのは風蓮湖、濤沸湖、屈斜路湖、ウトナイ湖などなど。
主に見頃は冬ですが、シマエナガは一年中見られるそうです♪ 動きがすばやい鳥なので双眼鏡があると◎