KAWAiiカメラ女子は必見!一度は見ておきたい幻の橋・タウシュベツ川橋梁【上士幌町】

2014.09.26(Fri)

KAWAiiカメラ女子なら一度は見ておきたい!
幻の橋”と呼ばれる上士幌町の「タウシュベツ川橋梁」をご紹介します。
 
 

タウシュベツ川橋梁とは


 
タウシュベツ川橋梁は平成13年10月、北海道遺産に選定されたアーチ橋。
水力発電用ダムの人造湖、糠平湖にあります。
昔、国鉄士幌線で使われていたというコンクリート造りの橋です。
 
・・・と、これだけではなぜ”幻の橋”と呼ばれるのか分からないですよね^^;
 
なぜ、幻の橋と言われるのかというと・・・
橋が湖底に沈んでしまうからなのです(゚д゚)!
 
 

どうして沈んでしまうの?

ダムである糠平湖は毎年、1月頃に水かさが減り、10月頃には増えていきます。
その間しか見られないことから、タウシュベツ川橋梁は幻の橋といわれるようになりました。
 
ちなみに・・・
■1月頃
凍結した湖面に姿を見せ始める
■6月頃
水位の上昇とともにだんだん沈み始める
■8月~10月頃
湖底に完全に沈んでしまう
という感じなのだとか。
 
時期によっては水没するのが早くなったりもするそうです(・・;)
 
 

今年のタウシュベツ川橋梁はいつ沈む?


 
上士幌町のホームページによると、9/19の時点では
「糠平湖の水位上昇により、橋の6割ほどが水の中に隠れています。こうした光景が見られるのは、あと数日になりそうです。」
とのこと。
 
一人で見学するのは・・・という方には地元の専門ガイドと見どころを巡る「2014アーチ橋ツアー」がおすすめ。
ツアーと言ってもずっと歩くわけではなく、車で移動しながら巡るので、のんびりとアーチ橋のロマンにひたることができそうです(*´∀`)
 

アーチ橋ツアーの詳細

開催時間 / 9:00-11:30、15:00-17:30
定員 / 14名
参加料 / 大人3,150円、小学生1,550円
申し込み・問い合わせ
NPOひがし大雪自然ガイドセンター

※前日までに予約が必要です