今金町

今金町

北海道今金町
総人口:5,763人(平成26年9月30日現在)。面積:568.14 km²
初期の開拓者である今村藤次郎と金森石郎の名字が名前の由来になっている。
2004年に熊石町・(旧)八雲町との合併話が出たが、協議会から脱退し単独で存続することとなった。
「男爵イモ」をはじめとした畑作のほか、稲作・酪農・林業を経済の中心としている。
重要文化財「北海道美利河1遺跡出土品」や「美利河遺跡」があり、「ピリカカイギュウ化石」の復元模型も展示されている。

今金町有關意見

我發表評論